拓殖大学紅陵高等学校
〒292-8568
千葉県木更津市桜井1403
TEL 0438-37-2511
FAX 0438-36-7286
得する人・損する人
 


  大人の方で、その道で一流と評価される人を何人も見てきました。かたやその道で三流にもなれない評価の人も数多く見てきました。

  生徒であれば、夢や目標を叶えて親子で喜び合って抱き合う場面を何回も見てきました。逆に始めから夢を諦めている場合や、途中で夢を捨て目標を失ったまま何気なく一日を過ごし、出た結果が悪ければ「どうせこんなものだ」「だから頑張ってもしょうがないんだ」と開き直る姿も見てきました。

 でも考えてみれば、今は大人の仕事で一流とか三流とかの評価に差がついていても、始めから差があったのでしょうか?生徒でも成績が良いとか悪いとか、部活の結果が良かったとか悪かったと一喜一憂しますが、勉強を始めた時から差があったのでしょうか?大会で勝つ!負ける!の差が競技を始めた時からあったのでしょうか?
 
  大人の仕事でも、生徒諸君の勉強も部活動でも、スタートの時には誰もが同じラインに立っていたことを忘れているのです。成功しているあの人も、失敗して悩み苦しんでいる人もスタートラインは同じだったのです。今は差が出ている苦手な数学や英語でも、始めて授業を受けた直後のテストでは殆どの生徒の差はないのです。始めてボールを蹴ったサッカー、始めてバットを振った野球で、始めて手にした楽器の音だしでは誰もが笑ってしまうほど下手だったのです、誰もが同じ下手だったのです。

 でも気が付いたら、大人は同じ年齢・同じ経験で仕事をしても出来栄えに違いが出て、評価でも立場や収入にも差が付き、生徒なら同じ学校で学び、同じ指導者の下で部活動に汗を流しているのに期待感や結果に大きな違いが出てきます。これは、いやこの差が生まれるのは人との接し方の得と損の違いのように思います。 

  周りを観察してみると、人との接し方で得をしている人には得している特徴があり、損をしている人には損を呼び込んでしまう特徴があるように思います。

 得をしている人には『笑顔があります』・『人の話を素直に聴く態度があります』・自分が判らなければ『教えて下さいと謙虚な姿がある』のです。笑顔は人を引き付けます・笑顔は周りを明るくするのです。素直な態度は相手に良い印象を持ってもらえます・素直な態度は相手の心を何かをしてあげたくなる温かな愛情の塊に変化させます。謙虚な姿は相手から自然に応援の支援が届くのです。これって物凄い得だと思いませんか?得をしている人には[笑顔・素直・謙虚]がセットになっているのです。

  損をしている人には先輩や上司に対して笑顔がないのです。人の話よりも自分の気持ちに意地を張ってしまう態度があるのです。判らなくてもどうでもいいやとの覚めた姿があるのです。すると相手はどんな気持ちで、貴方に接して来ると思いますか。この人はいつも不機嫌そうで近寄りがたいから、あまり深く接ないように距離をおいていこうと思います。何かがあれば自分の我をあくまで貫こうとする態度や、自分勝手な態度は周りの人が大切なところで去っていってしまうのです。この時に人が去ることは運が去ることにもなるのです。

  さて貴方は得をしている人ですか?それとも損をしている人ですか?『笑顔』『素直』『謙虚』が自分にたくさんあるか、それともあまりないのかを考えて下さい。すると結果が良い悪い・なぜ評価が高いのか低いのかの原因が判ります。いよいよ夏休みです損をする生き方よりも得をする生き方を選択して下さい。

   

(平成26年7月)
校長 森 章
● ひと言<from the Principal>
個人情報保護ポリシー Copyright(c)2006 KORYO High School All Rights Reserved